櫻子「暇だなー」 りせ「……」【未完】

11月28日(月)ブロット

生徒会室に櫻子とりせの二人きり
櫻子「おっそいなー。向日葵たち書類取りに行ったきり何やってんだろ」
櫻子「私ら置いて帰っちゃったりしてないですよね!?」
りせ「……」
櫻子だけワイワイさわぐ

櫻子「先輩っておっきい声で話せないんですか?」
りせ「……」
櫻子「でもなんか声が小さいっていいですよね。私いっつも声がでかいって姉ちゃんや向日葵に怒られてるんでうらやましいです」
櫻子「声が小さいっておしとやかというかかわいらしいというか」
櫻子「あっそうだ!先輩の口に私の耳近づけたら聴こえるんじゃないかな!」
りせ「……」
櫻子「あは!あはは!くすぐったいです〜!」

櫻子「あ、私ばっか喋っちゃってる感じですね、ひょっとして私うるさいですか?」
りせ「……」ふるふる
櫻子「先輩といると落ち着きます、ついつい話したくなっちゃうっていうか」

櫻子「あ!今なんとなく先輩の言いたいことわかりました!」
りせ「…………」
前半と後半に繰り返しこの会話
一度目は的外れだけど二度目は正解
二人の心が通じ合う

櫻子「そういや先輩ってLINEやってます?交換しましょうよ 」
りせ「?」
そこへ向日葵たちが帰ってくる
櫻子「おっせーぞ!」
携帯を持って櫻子の席へくるりせ。
りせ「……」にっこり
櫻子「……」ぱあぁ
向日葵「なにかあったんですの?」
櫻子「内緒!」
おわり

コメント