唯「あずにゃんがセミを食べちゃった」

梓「にゃむにゃむ」ムシャムシャ

唯「だ、だめだよ!セミなんて食べちゃダメ!」

梓「ふにゃあ!」

唯「次のセミつかまえようとしちゃだめー!」

梓「にゃっにゃっ!」

唯「めっ」

梓「」ビクッ

唯「よしよし」

梓「ふにゃあ・・・」ゴロゴロ


梓「すみません、唯先輩。取り乱してしまって」

唯「もう。どうしてセミなんか食べちゃったの?」

梓「実はこの一週間ほどなにも食べてなくて……」

唯「そっか……、あずにゃんはど貧乏だからご飯もろくに食べられないんだ」

梓「……」シュン


唯「……」

梓「……」

唯「……」

梓「(気まずい……)」

ミーンミンミン

唯「!?」

梓「あ、あれ」ミーンミンミン

唯「あずにゃんのお腹の中から蝉の声が!」

梓「は、はずかしいです///」ミーンミンミン

唯「あははは、せーみにゃん♪」ぎゅー

梓「きゃ!わたしはせみじゃありません」ミーンミンミンジージャワワワワ!

唯「うふふふふ」

梓「ぷっ、あはははは」


END



唯「あずにゃんが手榴弾を食べちゃった!」


梓「ゆいせんぱい、私はもうだめです」

唯「あ、あずにゃん……」

梓「国に帰ったら私の両親に伝えてください、娘は立派に戦ったと…」

梓「唯先輩とももうお別れですね」

唯「ぐすっ、やだようあずにゃーん……」

梓「さ、泣いてないで、危ないからもう離れてください」

唯「あずにゃーん!」ぎゅうう

梓「ひゃあ!こんなときにだきつかないでくださいっ」

唯「やだ、もうはなさないもん!」

梓「だ、だめ、ほんとにもう爆発しちゃ」


END


唯「あずにゃん食べちゃった」


唯「どうしよう……」           ユイセンパーイ

唯「ふええ!?」       ユーイセンパーイ!

唯「ど、どこかからあずにゃんの声が!?」<ユイセンパーイ

唯「もしかして幽霊!?」<ユイセンパーイ、ココデスヨー

唯「お腹の中から声が聴こえる」<クライヨー

唯「ごめんね、あずにゃん」<モウッ、キュウニワタシヲタベルナンテヒドイデス

唯「だってあずにゃんがかわいすぎるんだもん」<ソンナンジャゴマカサレマセンヨ

唯「ごめんね、こんどは私のことも食べていいからっ」<……

唯「あずにゃん……?」<トクベツ、デスヨ……

唯「!ゆるしてくれるんだね、ありがとうあずにゃん!」<チョウシニノラナイデクダサイネ

唯「ところであずにゃん、私お腹すいちゃった」<タベタバッカリジャナイデスカ

唯「ごはんつくってー」<ムリデス


END


唯「あずにゃんがバッカスチョコ食べちゃった」


梓「……」

唯「あずにゃん……?」

梓「なんですか、唯先輩」

唯「あずにゃん、へいき?」

梓「なにがですか?」

唯「だって、お酒入りのチョコ食べちゃったから」

梓「ぜんぜん平気です」

唯「よかったー、あずにゃんが酔っ払っちゃうかと思ったよ」

梓「こどもじゃないんだから、あのくらいで酔ったりしませんよ」

唯「そういえばそうだね」

梓「ところで唯先輩、おっぱい吸っていいですか」

唯「わあ」


END


唯「あずにゃんのへその緒食べちゃった」


唯「……あの」

梓「おいしかったですか?」

唯「あんまり」

梓「とにかく、私のへその緒を食べたんだから結婚してもらいますからね」

唯「そうなの?」

梓「そうです、それがしきたりです」

唯「ふーん……」

梓「……」

唯「まあ、私はそんな理由がなくてもあずにゃんと結婚したいけど」

梓「ふにゃ///」

唯「……」

梓「ゆ、ゆいせんぱい///」

唯「ちょっとまって吐きそう」


END


唯「あずにゃんに食べられちゃった」

「唯先輩、かわいかったですよ」                                           カリ
 すべての行為が終わった後、彼女はかすれた声で言った。
 返事をする気にもなれず、だまって天井を見続けた。
 何も感じなかった。乱暴にされた体中がいたいはず、だとは思う。
「……」
「なにか言いました?」
 ——わたし、あずにゃんに犯されたんだ。
 痛みも感じないのに、なぜかまた涙がこぼれおちた。
 あずにゃんの舌がそれを舐めとる。
「かわいい、唯先輩、また泣いちゃうんですか」                          カリカリカリ
「ひっ、いやあ……もうやめてぇ」
 舌は顔中を這いまわる。あずにゃんは音を立てて私の唇を吸った。
 こんなのって、ないよ。
「……あずにゃんのこと、好きだったのに」
 今はただかなしく、おそろしい。
「あなたが律先輩となんか、浮気、するからいけないんですよ」           カリカリ
「そ、それはちがっ」
「……今さら否定しても、どうにもなりません。もう私たちは壊れてしまいました」
 あずにゃんは右手を私の秘部に伸ばし、乱暴に指を突き入れた。
「ふっ……くぅっ…!あずにゃ、ああ!」
「ふふ、いやがっててもずいぶん感じるようにな        カリカリカリカリ


唯「あずにゃーん、なに書いてるのー?」

梓「んにゃあああ!?」

END


唯「あずにゃんが使徒を食べてる!」


唯「ひえええ……」                      澪「う、うええええ」

律「ちょ、澪!そんなところに吐くなよう」

梓「にゃふにゃふ」ムシャムシャ

唯「あ、あずにゃん……」

紬「梓ちゃん、そんなもの食べておなか大丈夫なの」

梓「大丈夫です、ムギ先輩。わたし鍛えてますから」

唯「よかったあ。あずにゃんがどうにかなっちゃうかと思ったよお」ホー

梓「もう、唯先輩は心配性ですね……けぷ」

唯「これからは使徒が来てもあずにゃんに任せれば大丈夫だね」

梓「もう、唯先輩もちょっとは使徒殲滅てつだってください!」

律「きゃー、こわーい!アタシたちも食べられちゃったりしてー☆」

梓「わたしを何だと思ってるんです!」


END


唯「あずにゃんがりっちゃんを食べた」


梓「律先輩、かわいかったですよ」

律「ぐすっ……」

梓「あれのとき、意外とかわいい声だすんですね」ちゅ

律「ばか」

梓「ふふ……かわいい」ちゅ ちゅ

律「なあ、梓……私たちもう、会わない方がいいと思う」

梓「え……」

律「わかれよう。そんで、ただの先輩と後輩に、戻ろうよ」

梓「じょ、冗談言わないでください……!」ガバッ

律「私は本気」

梓「どうしてですか? 律先輩、怒ってるんですか?」

律「怒ってないよ」

梓「わ、わたしのこと、きらいになっちゃったんですか?」

律「好きだよ。大好きだ」



梓「じゃあ、どうして!」

律「だってさ、してるときに、他のやつのこと考えたりされたら、悔しいじゃん」

梓「……」

律「私が梓のこと好きでも、梓が好きなのは私じゃないとか。そんなの、くやしいじゃん」

梓「そんな、ことないです」

律「むーりすんなよ。唯のことばっかり思ってたくせに」

梓「ちがいます!私ちゃんと律先輩のこと好きで」

律「…ちっちゃく、唯の名前呼ぶのちゃんと聞こえてたんだよお!!」

梓「あ……」ビクリ

律「悪い、怒鳴って。やっぱ、ちょっと頭に来てんのかもな」

梓「………………わかった。別れましょう」

律「うん」

梓「先に帰るんで、ホテル代は先輩が払っといてください」

律「おい」


END


唯「あずにゃんがはなくそたべてた」


梓「み、見てました……?」

唯「えっと、その。……うん」

梓「あ、あの、これはその、違うんです!」

唯「うん」

梓「あの、ちょっと鼻がかゆかったというか!」

唯「うん」

梓「それでちょうどティッシュがなくてしかたなく指で……」

唯「うん」

梓「あまりにも、大きいのがとれたものですから」

唯「うん」

梓「どんな味なのかな、と…ためしに……」

梓「ぐすっ……ごめんなさい、わたしのこと嫌いにならないでよお……」

唯「うん」

END


唯「あずにゃんが玉ねぎ食べちゃった」


唯「ああああ!?」

梓「え、な、なんですか?」

唯「あずにゃん、オニオンリング食べた!?」

梓「はい。大丈夫です、まだありますから」

唯「そうじゃないよ、あずにゃん!」

唯「猫さんは玉ねぎ食べたらダメなのっ、毒なんだよう!」

梓「私は猫じゃありません、人間です!」

唯「そういう冗談はいいから、ほら、口から出しなさい!」

梓「唯先輩こそ冗談じゃないです!」

唯「……このねこじゃらしをごらん」サッ サッ サッ

梓「にゃっ、にゃっ、にゃあ!」ピョンピョン

唯「やっぱり!」


END


唯「あずにゃんが毛玉を吐いた!」


梓「けぽけぽ」

唯「うわあ、あずにゃんかわいい〜!」

梓「からかわないでください、本人は結構大変なんですから……う、また」

唯「わくわく」

梓「けぽ」

唯「ちょっとケーキも出てきちゃったね」

梓「はい、すみません」

唯「ねーねー、これ食べていい?」

梓「だーめです」

唯「ちぇー……」

梓「けぽ……けぽ」

唯「持ち帰っちゃおうかな」ピロリン♪

梓「かってに写メ撮らないでください」

END


唯「あずにゃんが日向でまどろんでるよ」


唯「あーずにゃん、どこー」トテテテテ

梓「……」

唯「なーんだ、こんなとこにいたのか。おーい」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「zzz」

唯「梓ちゃーん」

梓「ふにゃ、もうたい焼き食べられましぇん……」

唯「しあわせな夢を見てるみたいだね」なでなで

梓「ゆいせんぱい……」ぎゅ

唯「わ、抱きつかれちゃった」

梓「だいすき……」

唯「えへへ」なでなで


END


梓「目が覚めたら唯先輩が隣で寝てた」


梓「あつくるしい……」

唯「んにゃあ」

梓「ちょっと、離れてください」ぐいー

唯「むううぅ……」ぎゅー

梓「むむ」

唯「zzz」ぎゅー

梓「腕しびれちゃうなー……」

唯「あずにゃーん……zzz」

梓「へんな顔。よだれたれてるし」

唯「ふにゃ、あずにゃんもう食べられない」

梓「どんな夢見てるんですか」


唯「あいすぅ……」

梓「ベタ過ぎません?」

唯「zzz」

梓「せーんぱい、起きてください。」ゆさゆさ

唯「んやあ……あずにゃあん」

梓「起きってってば」ゆさゆさ

唯「だいすきだよぉ……あずにゃん……」

梓「……む」

唯「えへへ」ぎゅー

梓「……むう」

唯「zzz」

梓「……」

梓「……ま、いっか」ぎゅっ

梓「おやすみなさい、唯先輩」


END

コメント