ユリカ「たまには早朝トレーニングもいいわね」【未完】

ユリカおとめあかり
涼川さんといちごちゃんの密会を目撃するドタバタ

早朝トレーニングに勤しむユリカ様
ユリカ「こうやって青空の下で走るのもいいものね。傘がなかったら即死だけど。吸血鬼としては相当なリスクを犯してるけど」
草陰に潜むおとめを発見して声をかける
おとめ「しーっ!」
おとめに無理やり口を押さえられ引きずり込まれるユリカ
ユリカ「血を吸うわよ!」
おとめ「あれを見るのです!」
涼川といちごが人気のない場所で密会をしている
きれぎれに聴こえる二人の会話があやしい
恋人同士のように思える
おとめ「これってやっぱりスキャンダル?」
ユリカ「どうしよう……」
大空お天気帰りのあかりが通りすがる
おとめとユリカに声をかけるあかり
あかり「何をしてるんですか?」
びっくりするおとめとユリカ
同じように引きずり込んでいちごたちを示す
ユリカ「あれを見なさい」
あかり「あっ、星宮先輩だ!朝から見れるなんて今日はラッキー!手合わせとこ!」
ユリカ「そういうものなの?」
あかりもなおいちのあやしい雰囲気に気づいて動揺する
あかり「うわーん!いちごちゃん、お嫁に行っちゃやだー!」
ユリカ「ちょっと気が早いわよ!」
おとめ「あ、でもいちごたんの花嫁姿、おとめ観てみたいです。きっと真っ白なエンジェリーシュガーのドレスで、らぶゆー♡」
あかり「びええ、ドレスー!」
ユリカ「火に油をそそいでんじゃないわよ!」
結局勘違い
後ろから蘭に声をかけられる
蘭「何やってんだ?」
ユリカ「ら、蘭!」
ユリカ「あれよ、あれ!いちごが涼川さんと密会を!」
蘭「密会?」
ユリカ「ほら、好きがどうとかキスがどうとか」
蘭「言ってるな」
おとめ「いちごたんと涼川たん、恋人さん同士なんですか?」
あかり「どうなんですか!?」
蘭「いや、それはないだろ」
蘭「だってあれドラマの台詞だし」
ユリカ「え?」
おとめ「ドラマ?」
あかり「ええ〜!?」
ネタばらし
主演する恋愛ドラマの台詞を、涼川を相手役に練習していただけ
途中からおとめたちが騒いでることに気づいてたいちごたち
からかうためにわざとやってたいちご
安心するあかり
急に恥ずかしくなるユリカ
いちご「フフッヒ。でも私は本当にお嫁に行ってもアイドルはやめないよ」
最後はなおいちが実は本当に付き合ってることを示唆して終わり?
あるいは「でも涼川さんとならいいかも?」「俺にも選ぶ権利があるんだけどな……」

コメント